Notice: wp_enqueue_script が誤って呼び出されました。スクリプトおよびスタイルは wp_enqueue_scriptsadmin_enqueue_scriptsinit フック以降のみに登録・キュー追加できます。 詳細は WordPress のデバッグをご覧ください。 (このメッセージはバージョン 3.3 で追加されました) in /usr/home/opensync7/www/htdocs/wordpress/wp-includes/functions.php on line 3587
EPUBについての情報収集方法は「ITmedia eBook User」「IDPF」に集中した | Open EPUB room

Open EPUB room

Smart ePubのオンラインマニュアルとFAQ

EPUBについての情報収集方法は「ITmedia eBook User」「IDPF」に集中した

関連情報:EPUB3技術解説セミナーを開催

EPUBオーサリングツール「Smart ePub」を販売する株式会社オープンエンドは、EPUBおよび電子書籍全般に関する状況調査のため、「Smart ePub」体験版をダウンロードしたユーザを中心にアンケートを実施。以下の通り第6回の結果をWebにて公表した。今後数回に渡り、EPUBや電子書籍業界に関するアンケートを実施する予定である。

アンケートデータ
・対象:「Smart ePub」体験版ダウンロードユーザ、オープンエンドメールマガジン配信ユーザー
・方法:対象ユーザに対してメール告知、Webフォームからのアンケートを実施
・期間:9/21から10/1の11日間
・回答数:アンケートURLクリック数106件のうち約33%が回答。重複など無効を除いた有効回答数は30件

アンケート結果サマリ
・PCでのEPUBリーダーの利用は「Adobe Digital Editions」が46.7%で最も多かったものの、前回での54.7%に比べ若干ポイントを落とした。
・iOS向けのEPUBリーダーとしては、「iBooks」が圧倒的で73.3%の支持を得た。
・Android向けのEPUBリーダーについては、「Aldiko」「Himawari Reader」「Kinoppy」がそれぞれ16.7%と支持トップを得ている。この3つのリーダーでAndroid向けEPUBリーダーとしては50%の支持となる。
・EPUBの情報収集については「epubcafe」と「ITmedia eBook USER」、「IDPF」に集中した。

Q1 回答者の立場(複数回答可)

アンケート回答者の属性としては、「EPUBを使う側」の回答が80.0%と最も多く、次いで「EPUBを制作する側」の回答が50.0%であった。「EPUBを販売する側」「コンテンツ権利側」の回答者比率は前回に比べそれほど変わっていない。

Q2 PCのEPUBリーダーとして普段利用しているもの、または人に薦めるもの

PCでのEPUBリーダーの利用は「Adobe Digital Editions」が46.7%で最も多かったものの、前回での54.7%に比べ若干ポイントを落とした。しかし依然として大きな支持を得ている。「Chrome Readium」は16.7%で前回とほぼ変化なしであるが、「FireFox EPUBReader」が20.0%とポイントをあげ、順位が代わった。
「その他」の回答としては「なし」などがあった。

Q3 iOSのEPUBリーダーとして普段利用しているもの、または人に薦めるもの

iOS向けのEPUBリーダーとしては、「iBooks」が圧倒的で73.3%の支持を得た。これはこれまでの傾向とほぼ変わらない。
「その他」の回答としては「利用していない」であった。

Q4 AndroidのEPUBリーダーとして普段利用しているもの、または人に薦めるもの

Android向けのEPUBリーダーについては、「Aldiko」「Himawari Reader」「Kinoppy」がそれぞれ16.7%と支持トップを得ている。この3つのリーダーでAndroid向けEPUBリーダーとしては50%の支持となる。
「その他」の回答としては「利用していない」が多かった。

Q5 EPUBについての情報収集をする際、一番目に参考にするWebサイトは何ですか?

Webサイト名 URL
epubcafe’ http://www.epubcafe.jp/ 5
ITmedia eBook USER http://ebook.itmedia.co.jp/ 4
Google http://www.google.co.jp/ 3
IDPF http://www.idpf.org/ 3
Adobe http://www.adobe.com/jp/ 1
wook http://wook.jp/ 1
窓の杜 http://www.forest.impress.co.jp/ 1
OnDeck https://on-deck.jp/ 1
Sigil http://code.google.com/p/sigil/ 1
JAGAT http://www.jagat.jp 1
出版デジタル機構 http://www.pubridge.jp/ 1
インプレス http://www.watch.impress.co.jp/ 1
epubpack http://epubpack.cloudapp.net/ 1
オープンエンド http://www.openend.co.jp/ 1
なし・決めていない 5

EPUBの情報収集について、一番に参照するWebサイトはどこなのだろうか。回答結果は「epubcafe」と「ITmedia eBook USER」、「IDPF」に集中した。特に決めているWebサイトがあるのではなく都度Google検索で調べているユーザが多いという結果にもなった。OnDeckを含めインプレス系も情報発信力も目立つ。
半年ほど前の調査に比べ、「ITmedia eBook USER」は情報源として支持をアップさせた形である。

Q6 EPUBについての情報収集をする際、二番目に参考にするWebサイトは何ですか?

Webサイト名 URL
ITmedia eBook USER http://ebook.itmedia.co.jp/ 4
gooなど検索エンジン 3
IDPF http://www.idpf.org/ 2
epubcafe http://www.epubcafe.jp/ 2
インプレス http://www.watch.impress.co.jp/ 2
Amazon http://www.amazon.co.jp/ 1
電書チャンネル http://densho.hatenablog.com/ 1
ブクログのパブー http://p.booklog.jp/ 1
W3C http://www.w3.org/ 1
CAS-UB http://www.cas-ub.com/ 1
ITpro http://itpro.nikkeibp.co.jp/ 1
lab for naoki.sato http://naoki.satoname/lab/ 1
Adobe http://www.adobe.com/jp/ 1
JEPA http://www.jepa.or.jp/ 1
FUSEe http://fusee.fusenetwork.co.jp/ 1
なし・決めていない 3

Q7 Webサイト以外でEPUBについての情報収集をする際、一番目に参考にするものはどれですか?
Q8 Q7の媒体名は何ですか?

媒体名
なし 10(33.3%)
電子書籍 7(23.3%)
書籍 4(13.3%)
雑誌 1(3.3%)

Webサイト以外でのEPUB情報収集源には「なし」であるという回答が3割ほどであった。続いて「メールマガジン」「電子書籍」であったが、そのほとんどが「OnDeck」であった。他にもGoogleアラートという回答もみられた(この場合、厳密にはWebサイトということになるだろう)。
「書籍」「雑誌」では「EPUB 3 スタンダード・デザインガイド」(マイナビ)があがった。

Q8 Webサイト以外でEPUBについての情報収集をする際、二番目に参考にするものはどれですか?
Q9 Q8の媒体名は何ですか?

媒体名
なし 20(66.7%)
メールマガジン 4(13.3%)
雑誌 4(13.3%)
書籍 1(3.3%)
電子書籍 1(3.3%)

前項と同様に、Webサイト以外では二番目に参考とするメディアでは「なし」が一番多い結果となった。
メールマガジンではJEPAなど団体名があげられた。情報の変化が早く、ニュース性の高いWebに情報源としてニーズが高まっていることがうかがえる。

「Smart ePubと電子書籍関連についてのアンケート」は今後も継続的に実施する予定。回答者へはアンケート集計結果(詳細)をPDFで返送するほか、抽選でセミナー招待やLite版シリアル提供などのインセンティブを予定している。
今後のアンケートに参加希望の場合、株式会社オープンエンドへメールアドレスをご登録いただきたい。

↓メールアドレスの登録・解除は↓
https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=openend

このアンケート結果についての転載・引用について
集計結果、グラフ、本文などの転載・引用は基本的に承諾の必要はありませんが、アンケート出自について明記願います。不明点はお問合せください。

このアンケートについてのお問い合わせ先
http://www.openend.co.jp/otoiawase.html
担当:馬場