Notice: wp_enqueue_script が誤って呼び出されました。スクリプトおよびスタイルは wp_enqueue_scriptsadmin_enqueue_scriptsinit フック以降のみに登録・キュー追加できます。 詳細は WordPress のデバッグをご覧ください。 (このメッセージはバージョン 3.3 で追加されました) in /usr/home/opensync7/www/htdocs/wordpress/wp-includes/functions.php on line 3587
EPUB制作において実際にターゲットとするリーディングシステムはiPadのiBooks | Open EPUB room

Open EPUB room

Smart ePubのオンラインマニュアルとFAQ

EPUB制作において実際にターゲットとするリーディングシステムはiPadのiBooks

Smart ePubと電子書籍関連についてのアンケート03 結果報告

関連情報:EPUB3技術解説セミナー3(フォント埋め込み、ウェブフォント、EPUB制作最新情報)(7月26日開催)

EPUBオーサリングツール「Smart ePub」を販売する株式会社オープンエンドは、EPUBおよび電子書籍全般に関する状況調査のため、「Smart ePub」フリー版をダウンロードしたユーザを対象にアンケートを実施。以下の通り第3回の結果をWebにて公表した。

第1回結果:EPUB3関連技術として興味関心が高いのは「フォント、オーディオ、ビデオの埋め込み」
第2回結果:EPUBについて情報収集する際に、何を参考とするか?

アンケートデータ
・対象:「Smart ePub」フリー版ダウンロードユーザ976件を対象
・方法:対象ユーザに対してメール告知、Webフォームからのアンケートを実施
・期間:6/22から7/2の11日間
・回答数:アンケートURLクリック数128件のうち約30%が回答。重複など無効を除いた有効回答数は33件

アンケート結果サマリ
・利用するiOS用EPUBリーダーはiBooksが高い支持。ターゲットとするリーダーもiBooksを想定
・Android用EPUBリーダーの利用が増えつつある

PCでのEPUBリーダーの利用は「Adobe Digital Editions」が45.5%で最も多かった。次いで「FireFox EPUBReader」の回答が24.2%であった。この2つで合計7割ほどの支持を得ている。iOS向けのEPUBリーダーとしては、「iBooks」が圧倒的で8割の支持を得た。第1回よりもさらに10ポイントほどアップしている。Android向けの「EPUBリーダー」については、「Aldiko」が21.2%、次いで「Himawari Reader」が15.2%という結果になった。
EPUBを制作する際、実際にターゲットとしている(利用されると想定している)リーディングシステムは、iPadのiBooksが最も多かった。PCではReadiumが支持された。

Q1 回答者の立場(複数回答可)

アンケート回答者の属性としては、「EPUBを使う側」の回答が54.5%と最も多く、次いで「EPUBを制作する側」の回答が45.5%であった。「EPUBを販売する側」の回答者比率が前回に比べ4ポイントほどアップしている。

なお、「その他」と答えた回答には「オーサリングソフト開発」「フォントインフラ」があった。

Q2 PCのEPUBリーダーとして普段利用しているもの、または人に薦めるもの

PCでのEPUBリーダーの利用は「Adobe Digital Editions」が45.5%で最も多かった。次いで「FireFox EPUBReader」の回答が24.2%であった。この2つで合計7割ほどの支持を得ている。「Chrome Readium」は第1回のアンケートから比べて5ポイントほど数字を落とした。「espur」は同様に8ポイントほど落としている。
「その他」の回答としては「なし」があった。
EPUBリーダーに関しては定点観測的にウォッチしていくので、長期的にみれば傾向が出ると思われるが、第1回に比べ「Chrome Readium」がポイントを落としているのは意外であった。

Q3 iOSのEPUBリーダーとして普段利用しているもの、または人に薦めるもの

iOS向けのEPUBリーダーとしては、「iBooks」が圧倒的で8割の支持を得た。第1回よりもさらに10ポイントほどアップしている。
「その他」の回答としては「利用していない」であった。
iOS向けEPUBリーダーは「iBooks」のデファクト化が明らかではあるものの、EPUB3表現の面ではバージョンアップが待たれるところである。

Q4 AndroidのEPUBリーダーとして普段利用しているもの、または人に薦めるもの

Android向けの「EPUBリーダー」については、「Aldiko」が21.2%、次いで「Himawari Reader」が15.2%という結果になった。それぞれポイントをアップしている。第3位の「Copper Reader」も前回アンケート時より3ポイントほどアップした。そしてそれ以外のリーダーがポイントを落とした。「その他」の回答としては「利用していない」が多かったが、「Kinoppy」もあり、次回のアンケートには項目に加える予定である。
傾向としてはAndroid用EPUBリーダーの利用が増えつつある。そして「Aldiko」「Himawari Reader」「Copper Reader」の3強に絞られつつあるといったところだろうか。「Himawari Reader」「Copper Reader」は機能面のバージョンアップが急ピッチで進んでおり、これからも支持を増やすと予想する。

Q5 EPUB制作の現状において、必要とされているのはEPUB2、EPUB3のどちらか

EPUB制作において、実際に需要があるのはEPUB2なのか、EPUB3なのかを問うた。結果としては、EPUB3が求められていることが一番多いということがわかる(72.0%)。このアンケート期間と前後して、楽天Koboによる電子書籍販売の本格化、Amazon Kindle販売の予告などのニュースもあり、また緊デジ事業への対応もあり、EPUB3が必要とされている状況なのであろう。

Q6 EPUB3の一部とは?
(非公開・アンケート回答者のみにフィードバック)

Q7 EPUBを制作する際、主にターゲットとしている(利用されると想定している)リーディングシステムは何ですか?
iBooks(iPad) 7
iBooks(iPad、iPhone) 3
Readium(PC) 2
Sony Reader 2
espur 1
ほか(Android全般、Koboに期待、音声同期を実現できるもの など)

結果としては二つの特徴がある。一つ目は、PC向けEPUBリーダーでかなり支持が強かった「Adobe Digital Editions」という回答がゼロであったこと。二つ目は「iBooks」の回答とその実際についてである。
PC向けEPUBリーダーで「Chrome Readium」の支持は12%ほどとまだまだ低い。しかし今後のリファレンスとしてEPUBリーダーの採用が進むことが予想され、そのため制作でもそこに照準をあわせていくことは想像できる。つまり現状では「Adobe Digital Editions」(の、おそらくプレビュー版を指すのだろう)の一択だが、将来は「Chrome Readium」を本命とみなしているのだろう。
(以下、非公開・アンケート回答者のみフィードバック)

 

「Smart ePubと電子書籍関連についてのアンケート」は今後も継続的に実施する予定。回答者へはアンケート集計結果(詳細)をPDFで返送するほか、抽選でセミナー招待やLite版シリアル提供などのインセンティブを予定している。
今後のアンケートに参加希望の場合、株式会社オープンエンドへメールアドレスをご登録いただきたい。

↓メールアドレスの登録・解除は↓
https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=openend

このアンケート結果についての転載・引用について
集計結果、グラフ、本文などの転載・引用は基本的に承諾の必要はありませんが、アンケート出自について明記願います。不明点はお問合せください。

このアンケートについてのお問い合わせ先
http://www.openend.co.jp/otoiawase.html

担当:馬場