Notice: wp_enqueue_script が誤って呼び出されました。スクリプトおよびスタイルは wp_enqueue_scriptsadmin_enqueue_scriptsinit フック以降のみに登録・キュー追加できます。 詳細は WordPress のデバッグをご覧ください。 (このメッセージはバージョン 3.3 で追加されました) in /usr/home/opensync7/www/htdocs/wordpress/wp-includes/functions.php on line 3587
EPUB3関連技術として興味関心が高いのは「フォント、オーディオ、ビデオの埋め込み」 | Open EPUB room

Open EPUB room

Smart ePubのオンラインマニュアルとFAQ

EPUB3関連技術として興味関心が高いのは「フォント、オーディオ、ビデオの埋め込み」

Smart ePubと電子書籍関連についてのアンケート01 結果報告

関連情報:EPUB3技術解説セミナーを開催

EPUBオーサリングツール「Smart ePub」を販売する株式会社オープンエンドは、EPUBおよび電子書籍全般に関する状況調査のため、「Smart ePub」フリー版をダウンロードしたユーザを対象にアンケートを実施。以下の通り第1回の結果をWebにて公表した。今後数回に渡り、EPUBや電子書籍業界に関するアンケートを実施する予定である。

アンケートデータ
・対象:「Smart ePub」フリー版ダウンロードユーザ940名
・方法:対象ユーザに対してメール告知、Webフォームからのアンケートを実施
・期間:4/27から5/7の11日間
・回答数:アンケートURLクリック数152件のうち約30%が回答。重複など無効を除いた有効回答数は45件

アンケート結果サマリ
・EPUB3関連技術として興味関心が高いのは「フォント、オーディオ、ビデオの埋め込み」
・PC版リーダーでは「Adobe Digital Editions」が高い支持
・iOS版リーダーでは「iBooks」が圧倒的な支持

EPUB3のカバーする技術として、最も興味関心が高かかったのは「フォント埋め込み、ウェブフォント」の回答で55.6%であった。また「オーディオ、ビデオ埋め込み」も51.1%と次いで高かった。また、昨年のEPUB3仕様確定後に続けて話題となっている「固定レイアウト」についても要望が高まっているといえる。
PCでのEPUBリーダーの利用は「Adobe Digital Editions」が35.6%で最も多かった。「FireFox EPUBReader」「Chrome Readium」「espur」も20%前後の支持を得ている。
iOS向けのEPUBリーダーとしては、「iBooks」が圧倒的であった(71.1%)。
AndroidでのEPUB利用はiOSに比べてかなり低い結果となっている。EPUB制作側にとっては、AndroidよりもiOS(特にiBooks)でのEPUB利用・制作が重視されているとみられる。

Q1 回答者の立場(複数回答可)

アンケート回答者の属性としては、「EPUBを使う側」の回答が77.8%と最も多く、次いで「EPUBを制作する側」の回答が62.2%であった。「Smart ePub」フリー版のダウンロードユーザということで、そもそもEPUBに対する興味関心、検討途中ユーザであったことは予測できる。その中において、EPUBを制作する立場にあるのは六割強という結果だった。

なお、「その他」と答えた回答には「EPUB制作支援」などがあった。

Q2 EPUB3技術、EPUB3周辺技術として興味があり、理解を深めたいと思うものは(複数回答可)

EPUB3のカバーする技術として、最も興味関心が高かかったのは「フォント埋め込み、ウェブフォント」の回答で55.6%であった。また「オーディオ、ビデオ埋め込み」も51.1%と次いで高かった。これら二つのトピックについてはEPUB3やHTML5での代表要素であると言えるが、実際にどのように挙動するのか理解をしたいということだろう。またリーディングシステムの対応状況は日々変化するため、そのキャッチアップも整理が必要だが、参考となる書籍やWebが少ないということもあるのだろう。

また、昨年のEPUB3仕様確定後に続けて話題となっている固定レイアウトについても要望が高まっているといえる。フォントやビデオに比べてこちらの固定レイアウトについても対応ビューアや固定させる手法の違い、業界の動きなどで変化が激しい分野である。

なお、Q1で「EPUBを使う側」を回答したユーザのみに絞ると、Q2の結果では「数式表現」「音声同期」「SVG」がポイントを僅かではあるがアップさせた。EPUBを利用する側にとってはどの技術も興味関心が強いという傾向にある。Q1で「EPUBを制作する側」を回答したユーザのみに絞ると、Q2の結果はさらに顕著となり「フォント埋め込み」「オーディオビデオ埋め込み」がよりポイントをあげた。

Q3 PCのEPUBリーダーとして普段利用しているもの、または人に薦めるもの

PCでのEPUBリーダーの利用は「Adobe Digital Editions」が35.6%で最も多かった。「FireFox EPUBReader」「Chrome Readium」「espur」も20%前後の支持を得ている。今回の質問形式は、重複回答ではなく一択であった。複数回答にするとまた違う傾向が現れる可能性はある。なお、Q1で「EPUBを制作する側」と答えたユーザに絞ると、「Adobe Digital Editions」が42.9%にまで高くなった。

「その他」の回答としては「薦められるものはない」「利用していない」があった。

Q4 iOSのEPUBリーダーとして普段利用しているもの、または人に薦めるもの

iOS向けのEPUBリーダーとしては、「iBooks」が圧倒的であった(71.1%)。
「その他」の回答としては「利用していない」であった。

Q5 AndroidのEPUBリーダーとして普段利用しているもの、または人に薦めるもの

Android向けのEPUBリーダーについては、「Aldiko」が17.8%、次いで「Himawari Reader」が13.3%という結果になった。「その他」の回答としては「利用していない」「わからない」であった。

AndroidでのEPUB利用はiOSに比べてかなり低い結果となっている。Q1で「EPUBを使う側」「EPUBを制作する側」と答えたユーザに絞ってみても、「Aldiko」を推す回答が若干増えるものの、「利用していない、わからない」の回答もポイントを増やした。
EPUB制作側にとっては、AndroidよりもiOS(特にiBooks)でのEPUB利用・制作が重視されているとみられる。

Q6 Smart ePub フリー版で作成されたEPUBファイルについて

「Smart ePub」は2012年5月現在、WORD文書インポートを試せるフリー版を用意している。この機能でどのようなEPUBを制作しているかの問いに対しては、「書籍」が最も多く35.6%、次いで「社内文書」が28.9%であった。その他の選択肢についても関心が見られた。なおQ1で「EPUBを制作する側」と答えたユーザに絞ると、どの選択肢もポイントを増やした。

「その他」の回答は「個人用」「サンプル用」などがあった。

「Smart ePubと電子書籍関連についてのアンケート」は今後も継続的に実施する予定。回答者へはアンケート集計結果(詳細)をPDFで返送するほか、抽選でセミナー招待やLite版シリアル提供などのインセンティブを予定している。
今後のアンケートに参加希望の場合、株式会社オープンエンドへメールアドレスをご登録いただきたい。

↓メールアドレスの登録・解除は↓
https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=openend

このアンケート結果についての転載・引用について
集計結果、グラフ、本文などの転載・引用は基本的に承諾の必要はありませんが、アンケート出自について明記願います。不明点はお問合せください。

このアンケートについてのお問い合わせ先
http://www.openend.co.jp/otoiawase.html
担当:馬場