MyAutoPub Proのデータ戻し機能

データ戻しを保証するMyAutoPubの仕組み

  • MyAutoPubは、自動小組→自動保存を連続して実行し、この自動保存時にソースデータのその小組のレコード(行)に、『ユニークID』『保存ファイル名』『縦横のサイズ』を自動記入します。
  • また、InDesign のその小組のXML タグにも、属性として同様の『ユニークID』『ファイル名』『CSV→XML ナビ機能で設定して保存したデータ加工定義のファイル名』『データ戻し先ファイル名』を自動追加します。
  • こうして、ソースデータとInDesign 及び加工定義内容がきちんと関連づけられて管理されていることが、高度なデータ戻しを可能としている理由です。

普通のInDesignで編集しても、データ戻しOK

  • MyAutoPub で自動組版して自動保存された小組をライブラリ化( 拡張子:.indl) して、これをMyAutoPub をインストールしていない普通のInDesign で配置・編集してください。
  • または、自動コマ配置ページアップしたインデザインファイルを普通のInDesign で編集してもOK です。
  • ただし、データ戻しをする際には、編集後のファイルをMyAutoPub がインストールされているマシンのInDesignで開いて、MyAutoPub の機能で保存しなければなりません。
  • この機能によって、編集をアウトソーシングしている場合でも、自動組版ワークフローを低コストで導入することができます。

データ戻しの例

指定した文字を発生挿入しながら組版

  • MyAutoPubは、よくある自動組ソフトのように、ソースデータの項目とInDesign のテキストフレームを1対1で対応させるという簡単な仕組みのアプリケーションではありません。
  • このような単純な構造での自動組ならデータ戻しはできて当然です。
  • MyAutoPubは、『項目連結』『前後文字発生』『文字置換』『CSV項目の表展開』『外部表の入れ子組版』などの高度なデータ加工を、GUIでユーザ定義して、この定義に従ってデータ処理をしながら自動組版します。

データ戻し1.png

データ戻し時には、逆変換して元の項目構造に戻します

  • 『項目連結』『前後文字発生』『文字置換』などのデータ加工をしながら組版しても、きちんとソースデータの元の項目構造にデータ戻しします。

外部Excel表の入れ子組版とデータ戻し

  • MyAutoPub には外部Excel 表を入れ子組版する機能がありますが、データ戻しは、この外部Excel にも有効です。

見出し項目に2つのExcel表を挟んで自動組版した例

  • Excel上で色や罫線を指定しておけば、InDesignではそれをセルスタイル・文字スタイル・罫線種として自由にテンプレート設定できます。
  • 表の横幅は、Excel幅を使うか、テンプレート設定値に従うかを選択指定できます。
  • 横全長をテンプレート設定値とした場合には、固定指定した列以外は自動的に均等配分します。

【この2つのExcel表を連結組版】
(この例では、左の表は5列、右の表は3列です)
Excel001.jpg    Excel002.jpg

【InDesign自動組結果】
Excel_indd001.jpg

【InDesign上で行を挿入】
Excel002_indd.jpg

【Excel表にデータ戻し】
Excel003.jpg

▲ ページトップへ


<新製品>
バーコード自動作成オプション
Right-MAP-Bar.png

InDesignデータ抽出ソフト
Right-Ab.png

Word・Indd相互変換→差分同期
Right-OS.png

インバウンド対応に最適!
多言語展開ソフト
Right-TP.png

カタログ・表入り系自動組
Right-MAPP.png
チラシ系データシンクロ組版
Right-MAPA.png

チラシ台割作成ツール
Right-MAG.png
チラシ用 掲載商品DB
Right-PubBase.png

ファイル共有
Right-SBD.png

BF帳票作成ソフト
Right-BFX.png

WAVEデータ→InD変換
Right-Conv.png